忍者ブログ
  • 2020.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/03/29 05:59 】 |
山代・山中・庄川への旅 4

山代温泉を後にして、山中温泉に向かいます。

大聖寺川沿いの道を上流へ走ってゆきます。

平地から山中に入っていったあたりに、山中温泉がありました。

少し街を散策してから、今夜の宿のたわら屋に落ち着きました。







中心地の通りには、いろんなお店が並んでいます。

こんな文字が刻られているお店がありました。文平堂。やきもの・塗り物のお店です。






看板もありました。














印をよく見てみると、細野燕臺でした。やはり風格がありますね。







お店の中に、原本の書が飾られていました。

お願いして撮らせていただきました。







お店の外にあったもの。





















いろんなお店の看板を見るのが、私の旅の楽しみです。

書と刻と、面白い作品に出会います。







宿に着いて、部屋に落ち着きました。外の景色です。

たわら屋は7階建てのおおきなホテルでした。その7階の部屋です。

山が目の前にありますが、眼下に大聖寺川が流れています。

ホテルの裏手がすぐに川です。













右手の下を見る。大聖寺川のこのあたりは鶴仙渓と呼ばれている渓谷です。

遊歩道があります。翌朝に散策してみましたが、実に素晴らしい景観でした。






山中温泉に行く目的は、この遊歩道の景観を楽しむこと、

といってもいいくらいでしょう。







秋はまた紅葉できれいでしょうね。







夜になって月がのぼりました。東を向いている部屋です。







夜の食事は、北陸だけにカニ尽くしのコースを選びました。

本当にどの料理もみんなカニでした。

黙々と味わいました。











6D
SIGMA 35mm F1,4
PR
【2016/04/10 00:01 】 | 山代・山中・庄川への旅
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>