忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/05 17:10 】 |
山代・山中・庄川への旅 12

今日の宿は、庄川温泉の「ゆめつづり」という宿です。

以前に少し下流にある「川金」という宿にも泊まったことがあります。

白川郷の方から流れて来た庄川が、南砺平野に出て来たところにあります。

庄川合口堰堤がすぐのところ。

庄川をさらに遡って、白川郷にも行ったことがありますが、

途中の大牧温泉あたりにも、今度は行ってみたいですね。







庄川がすぐ前にあります。奥に見えるのが庄川合口堰堤。







「ゆめつづり」旅館。中国からの観光客もいました。

チェックインしてから散策に出ました。






3月の終わりです。モミジはもう少し。






まだウメですね。







アンズ系の花も。







ウメ














堰堤の方へ行ってみます。







魚道が作ってあります。







ちゃんと分かって登ってゆくのかしらん。







Uターンの場所。







真ん中の口からだけ、放水していました。







魚道の上の方。







上まで来ました。







下流を見る。画面左端の建物が、先ほどの旅館。

その先に広がるのは南砺平野。







堰堤の上。用水路への取り入れ口。














堰堤上の対岸までの通路。







右の取り入れ口。







左側が放水路。先ほどの魚道が見えます。





















中央の放水路。














この赤い板の上げ下げで、水量を調節するのですね。














 上流を見る。







右の林の辺りが公園になっているようなのですが、

そこまでは足を伸ばしませんでした。







堰堤のすぐ近くにある水記念公園特産館前の噴水。人の彫刻が回っているんです。







反対側には女性像が。クルクル回転しています。







宿に帰ります。道沿いに堰堤からの用水路がありました。







宿の裏手を流れていました。豊かな水です。







部屋からの夕陽。川側ではなく、裏手の部屋です。用水路が見えます。











6D
SIGMA 35mm F1,4
PR
【2016/04/18 00:01 】 | 山代・山中・庄川への旅
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>