忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/06 02:12 】 |
山代・山中・庄川への旅 13

二泊三日のこの旅行記もやっと終わりです。

大した旅でもなく、お恥ずかしい限りです。

ぶらぶらと移動して、出会ったものを撮っているだけですから・・・。

しかし旅は楽しいものです。

カメラ片手の旅は、何か撮る気にさせるものを探す楽しみがありますね。

でも撮り忘れた、撮り損ねた、気付かなかったものもたくさんあります・・・。







 夜に宿の廊下を歩くと、ところどころにあれこれ飾り物がありました。

素敵な椅子と書もあったのですが、撮り忘れました・・・。







生け花も素敵でした。







この宿は、玄関から上がるとどこも畳敷きでした。ここも廊下が畳敷きです。







ですからスリッパはなく、素足や靴下履きで歩きます。

全館が部屋感覚で歩けるわけですね。最近の流行りかな。







 朝になりました。チェックアウトをして宿を後にします。

玄関脇に庭がありました。奥の竹塀の向こうが露天風呂でした。

庭があるお風呂で、サクラの木がありましたが、まだまだ蕾。

開花のときに入れたら、贅沢な景色のお風呂です。

とても良いお風呂でした

宿のホームページに写真があります。ご覧ください。







サクラ







3月23日、まだまだ蕾でした。北陸ですものね。







ウメ














ツバキも素敵に咲いていました。







北陸自動車道で帰ります。途中の名立谷浜SAにて休憩。芭蕉の句碑がありました。

文月や六日も常の夜には似ず。

七夕の一日前の夜も、いつもの夜とは違うね。そんな意味かな・・・。







SAから新潟方面を見る。

もう少し走ると上越JCTから上信越自動車道に曲がるので、海とはさよならです。







アセビが咲いていました。







サクラ














上信越自動車道の妙高SAにて。山にはまだ雪が見えます。







来るときは、夜中で雪が舞っていました。



3時頃には帰宅。群馬、というか関東はやはり春が早いなあと感じました。











6D
SIGMA 35mm F1,4
PR
【2016/04/19 00:01 】 | 山代・山中・庄川への旅
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>