忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 11:01 】 |
藤井青咲 句集『荒海』


ad015bf8.jpeg
 






佐渡の俳人、藤井青咲先生より著書である句集『荒海』を頂戴した。

7月15日出版とあるから、これから店頭に並ぶ本である。

この約10年間の自選400余句を収めた、先生の第四句集。


縁あって、二月頃に句集の題字を書くことをお願いされた。

光栄なことだが、書き出してみて四苦八苦。

ずいぶんと書いてみたのだが、出来たのはこのようなものであった。

三種ほどの原稿を送ったのだが、採用されたのは私の一番出来のものではなかった。

この辺が面白いところで、いま見返すと一番のものはこれよりもさらに「生」である。

これも大分「生」生しいが・・・。


先生の書は実に素晴らしく、ご自身が書いた方が余程良いものになるだろうと思うのだが、

後生に花を持たせてくださるご配慮と感謝している。


句集 帯より

         春泥や雀躓きても鳴かず

         少年の脛にほひけり絲とんぼ

         葱坊主誰か一人は手をあげよ

         屠蘇吸うや母の乳房も忘れたり

         冬瓜の置きどころ我がをりどころ

         あめんぼうかたまつてゐて地震つづく
 

         学徒兵たりし日の服曝しけり

         青田風酒気帯び貌の朱鷺がゐて
 

         句仲間のやうにまばたき蟇(ひきがえる)


藤井青咲(せいさく)
      本名  精策
      大正15年2月1日生まれ
      
      昭和31年 石田波郷に師事。
      昭和38年 俳人協会会員
      平成15年 俳人協会新潟支部長
      現在 鶴同人 俳人協会評議員
 


装丁画(表)  村上巌
 
装丁  GIGAWORKS
 



 
fb22b604.jpeg









 
PR
【2013/06/02 23:01 】 | 書と篆刻
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>