忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 11:03 】 |
鐵筆漫書展 3







「其の中に在り」   カツラ材   15×50cm

美はその中に在り。中とは体のこと。






「花に題し、草に賦す」   カツラ材   半紙大

花の写真ばかり撮っているので、こんな言葉を選んでみました。






「印々泥」   カリン材   13cmほどの方形。

これは印泥を入れる箱。印盒です。

蓋の部分に刻しました。

箱の製作者は大貫北泉先生です。

昨年の県展の折に、受賞のお祝いにとくださいました。

底の部分に先生の名前を刻させていただきました。

印を以って泥に印す。うまく線の骨が薬研に刻せていないと、

泥に捺したときに線が盛り上がって出てこないよ、という意味。









PR
【2015/09/02 00:01 】 | 書と篆刻
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>