忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 11:03 】 |
鶴鳴

佐渡に「金鶴」という日本酒を作っている酒蔵がある。

有限会社 加藤酒造店。

五年ごとに開催の高校の同窓会では、社長の加藤氏に幹事としてお世話になっている。

(昨年は還暦の集まりだったが、残念なことに欠席してしまった。申し訳ない。)

この10月31日に、加藤酒造は創業100周年を迎えた。

同窓会の幹事連が集まって話し合い、皆を集めて祝いの会を、この日に佐渡で行ったそう。

その一ヶ月半程も前、幹事の宇留間和基氏、若林栄次郎氏から電話をもらう。

「斯様なわけで、皆から何かお祝いを上げたいと思うのだが、君が何か作品を書いてくれ。」

とのこと・・・。

真に光栄なことだが、果たしてご期待に沿えるやら・・・、と胃痛を感じつつ承諾。

かくしていつもの試行錯誤を経ての作品制作。

想いが何とか形になったかと納得した作品が、この作品です。

ご批正くださいませ。








鶴鳴  半切1/3  仮名用画仙紙






書いてほんのしばらく経っての写真です。

この後に表具屋に送って額装してもらい、直接に会場に送ってもらったので、

額入りの作品はまだ見ていません。


若林氏からメールをいただき、楽しく盛会であったとのこと。

作品は加藤氏、ご家族に喜んでいただけた、とのこと。

何とか一安心したところです。

加藤酒造のますますのご発展を祈念しております。

同窓の諸氏のご健勝も願っております。

お世話になりました。ありがとうございました。









PR
【2015/11/03 00:02 】 | 書と篆刻
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>