忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 10:59 】 |
龍雲
0ece432a.jpeg


龍雲  3,9cm  巴林石


 
卯年も今日明日で終り。

まだ残っている仕事に追われている・・・のだが、はかどり具合は遅々たるもの。

あと1ヶ月欲しい・・・。


この印も夏に頼まれていたものだが、そろそろ仕上げねばと試みたもの。

来年は辰年。動物は龍が当てられている。

明日発送して正月に届けば、半年お待たせした言い訳にもなるか・・・。

丁亥の年に同じく変形で刻したのだが、それは左界線が直線的で右が膨らんだ形状のものであった。

落款印として捺すと、形状の方向性がどうも良くないことに、使われている中で思われたご様子。

確かに印の形状が全体に離反するものでは、最後の完成時に捺す印としてはふさわしくない。

作家の貴重なご意見を伺った良い経験であった。

しかし磨り潰して重ねて刻すは、印の作者として忍びない。

新たな印材に刻した次第である。

因みに下が丁亥の作。


 
1caf7e40.jpeg

龍雲  4cm変形  巴林石



 
PR
【2011/12/30 18:34 】 | 書と篆刻
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>