忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/03 20:24 】 |
ネムノキ

昨年はネムノキの花を撮ることなく過ぎていました。

今年は咲始めから撮るぞ、と思っていたのですが、花のほうが一足早かったです。






14日の夕方に思い立って、お目当ての木のところへ行ってみました。

ちらほらと咲いていました。







ついでに別の木のところへ駆けつけました。

もう葉が閉じて眠りに入っています。この時間、光が足りない・・・。







しぼんだ花も見えるので、昨日あたりから咲き出したようです。







では、と翌朝また行ってみました。

























朝のネムノキは光ってきれいですが、しぼんだ花も目立ちます。

この木は、下から見上げるばかりの木で、撮りにくい木です。






これが最初に見に行った木です。2日後。大きいでしょう。







枝ぶりが見事。こないだよりたくさん、木全部に花がついています。







でも小高い民家にある木で、遠目に見上げる木です。







これは公園の入り口にあります。まだ若い木です。




























公園にもう一本ありました。







先ほどの木よりは枝ぶりが長い。






 





















また別の日。公園とは川を挟んで対岸の遊歩道。

一本のネムノキの枝が、この木だけ切られることもなく、

道にかぶさるように伸びています。







この木は赤が強いですね。














すぐ横には中州があって、対岸にまた一本あります。

これの右側上流に、もう一本あります。下の写真の小さく見える木です。







中央下に見えるのがそれ。







近づいてみます。







ちょっと色が白い花です。







これは昨日も載せた木です。この木も大きい。 









郷里にいるころ、一本のネムノキが田んぼの端にありました。

それが咲くと、なんだか夢の中にいるような気持になったことを思い出します。

昨年帰郷したら、その木の姿が見えなくなっていました・・・。

だからこちらでも、探しては見に行こうとするのかもしれません。












PR
【2014/06/23 00:04 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>