忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/03 21:00 】 |
砂浜の植物

新潟大学は海岸の近くにあって、

28日の朝に、早起きして海岸の砂浜に出てみました。

普段は見ない植物ばかりで、興味が湧いてきましたが、

まだ名前は調査中です・・・。

分かったら書き入れておきます・・・。







海岸道路の砂防の土手を越えると、海が見えます。

グミの木が砂の上に自生していました。

佐渡は見えませんねえ。







グミ







砂の上に生えたのか、土手に生えたところに砂がかぶさっているのか、どちらでしょうね。







砂浜です。







草の原を越えて、砂浜に下りて行きます







唯一、咲いていた花です。







カヤのような葉は、別の植物です。

コウボウムギの葉のようです。







これだと少し花の茎が見えます。

さて何の花なんでしょう・・・。







エノコログサにも見えますが、茎が強そうですねえ・・・。何でしょう。







良く見るのですが、何て名前でしょう・・・。







コウボウムギ














またまた何でしょう・・・。







下に這っているのは、ハマヒルガオのようです。







トゲトゲの実ですが、何でしょう・・・。

※ オオオナモミ という草の花のようです。

実にも見えますが・・・。







上は大きなヨモギです。



群馬に住んでいると、海辺の植物はなじみがないですねえ。

未知なる楽しみが出てきました。

佐渡の生まれですが、山の中だったんですよ。







6D
TAMRON SP70-300mm F4-5,6
PR
【2015/10/12 00:01 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>