忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/03 20:27 】 |
箱根の秋 3

箱根の道沿いには、白い花があちこちに咲いていました。

調べてみたらマルバフジバカマのようです。







外来種のようです。







最初に持ち込まれたのが箱根だったとか。







 アオバナフジバカマにも似ていますね。







フジバカマなどは5個の筒状花ですが、これは20個だそう。

きれいですが、毒草のようで厄介ですね。







イタドリの雄花。







異株の雌花がみあたりませんでした・・・。







コムラサキとは実のつき方が違うので、これがムラサキシキブでしょうか。







逆光に光る花?がありました。







よく見ると実につく綿毛です。







ボタンヅルですね。







それに混じって、ツルウメモドキでしょうか、実が爆ぜていました。







テリハノイバラの果実でしょうか。







イタヤカエデでしょうか。これも良い色でした。



















PR
【2014/12/02 00:01 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>