忍者ブログ
  • 2020.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/03/29 06:42 】 |
草むしりで蝶

日曜日も午前中に草むしり。

何とか終わりにして休んでいると、蝶がまたあれこれ見られました。


今日はこんなチョウが舞い降りました。








コミスジ  という名前です。








横に3本の筋がありますので。








ホンミスジと比べると小さいから  コ  がついているとのこと。








背中に色がついているのも特徴です。

初めて見るもの、知ることが多いです。







これはおなじみ  ヤマトシジミ  ですが、オスです。







オスは羽表がこの季節はまだ青い。







飛んでいると空色がヒラヒラとしていてきれいです。

今日はやっと停まって、羽色をゆっくり見せてくれました。







オスもメスも羽裏は同じようなんです。







 バジルの花の蜜を吸っています。







これがメスの羽表の色です。こちらもやっと休んでくれました。







 これはこないだも撮りましたが、イチモンジセセリ。

シシトウの葉の上で。







今日は横からの姿は見られませんでしたが、羽表をやっと少し見ることができました。







羽を大きく開いて休む蝶ではないようです。これがいっぱいかな。

羽が小さいので高速で飛ぶ蝶です。

だいぶ近づいても逃げませんでした。







 これは蛾ですね。きれいなので撮りました。

ウスベニスジヒメシャク  という名前だそうです。

体は1センチくらい。開いた大きさは3センチくらいでした。







鉢植えのスミレの株の葉が、ほとんど食べられていました。

犯人は左にいる黒くてオレンジの模様を持つ毛虫です。5センチくらいありました。

こないだツマグロヒョウモンがスミレの葉に卵を産みつけているのを見ていたので、

すぐわかりました。これが幼虫なんですね。

このときからオレンジと黒の衣装をつけているとは。

おしゃれですけど、初めて見ると不気味です。

でも心優しい麗衛門氏は、たんとお食べ、といって見守っているのでした。










PR
【2014/09/01 00:01 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>