忍者ブログ
  • 2020.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/03/29 07:04 】 |
調べてました。

知らなかった花に出会うのは楽しいのですが、名前を調べるのに手間取ります。

ずいぶん前に撮ったものもあります。







フユサンゴ    ナス科







 トマトみたいですけど有毒だそうです。







ルリヤナギ    ナス科








ムラサキゴテン    ツユクサ科














エノキグサ    アミガサソウ







これは雄花の茎に雌花の子房がついてます。







普通は葉元にあるんですが。







アンゲロニア    ゴマノハグサ科







 サルビア コッキネア  コーラルニンフ














サルビア  コッキネア  レディインレッド







ティプラデニア    キョウチクトウ科







カラミンサ  ネペタ

ハーブの一種だそうです。

キツネノマゴやイヌコウジュかと思いましたが、どうも模様が違うので難儀しました。







アレチウリ







河川敷の草を覆い尽くすほどに広がっています。

厄介な草のようです。







いつ花をつけるのだろうとか、

カラスウリに似た葉なので花を期待してみたりしていましたが、

こんなのでした。

大事にされて駆除されないでいたのではなく、

繁殖力に駆除がおいつかなかっただけのようです。













PR
【2014/09/13 11:55 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>