忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/03 20:12 】 |
FD24mm F2,8

この日は、50mmから24mm F2,8に取り替えて散歩です。

XE-1につけると、35mmレンズくらいの画角になるでしょうか。

散歩には景色を写すに一番良い画角とよく言われますが、

景色を撮ることに慣れていないので、不安です。







昨日のサザンカをまた撮ってみます。

最短に寄っても、花だけでなく周囲との兼ね合いで絵を考えなくてはなりません。

ある意味では自然な感じ。目の画角よりちょっと広め。







広角2,8も玉ボケが出ますね。









後ろが広いと、もう少し景色が見えても良いかな。














これも前の花二つはもっと見えても良いかな。5,6くらいに。






 
前の景色だけ写そうとするとこうなります。

広く撮れるから良いんですが。






近景と遠景を作ると、写真らしくなりますねえ。







シダレザクラの見事な木。全部画面に入れよう、という絵。







花は小さいですが、遠近感が出ました。







上下で。







こういうのが面白いなあ、このレンズ、と思いました。







花だけを考えると小さくなりますので、関連付けて別の花も。







このツバキに一年ぶりに会ったので、つい正面から撮ってしまいました。







こうなるとトリミングしたくなりますね。







ちょっと高いところに一輪だけ咲いていました。

花だけには寄れないので、後ろの景色も。







サクラの花芽も目立ってきました。







 鳥がたくさん休んでますが、小さくなって絵になりません。







近景と遠景、これだと絵になるか。





















近いものにかなり寄って撮ると良いみたい。







ちょっと離れたところにピントを合わせると、みんなボケます・・・。







写真で見るとそんなに寄っているようには見えないですが。














眼鏡でのぞく玉ボケ景色、なんてね。







だんだんと散歩に持っていくには良いレンズと思えてきました。。









PR
【2015/02/10 00:01 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>