忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/03 20:49 】 |
FD50mm f2とf2,8に絞って

FD50mmと書いていますが、NEW FD50mmと書くべきのようです。

1985年当時のレンズですから、名前としてはNEWがついているようです。


こないだはf1,4で撮ってみましたが、今回はf2とf2,8で撮ってみました。

f2,8まで絞ると、輪郭線も落ち着き、ボケも落ち着いてきます。

花撮りで花はしっかり撮りながら、落ち着いたボケを作ろうとすると、

f2,8からf4が美味しいところ。

背景もちょっと分かるように入れるとなるとf5,6くらいまで絞る、となるでしょうか。







f2です。青い花の一部分しかまだピントが合わないので、落ち着きません。







f2,8です。花が落ち着いてきました。

ボケも暴れなくなります。







f2,8。ちょっと離れて。







f2,8。普通に見られますね。







f2,8。背景も落ち着いています。







f2。







f2。背景の線が二重になります。







f2。







f2。







f2,8ですと、こんな感じです。落ち着いてきますね。







f2,8。







f2。葉だけなら良いですが、花ももう少し見えたいとなると、絞り足りない。







f2。今度は花だけになってしまい、葉が見えません。







f5,6まで絞ると全体が写ります。

背景がちょっと余計なので、f4で撮れば良かったですね。







f2。花自体が大きいので、f2では落ち着かない。







f2。f4のほうが良いでしょうねえ。







f2。f2,8まで欲しいところ。







f2。二重になります。







f2。背景の葉の輪郭が・・・。







f2,8。大分落ち着きます。







f2,8。f4の方が二段目の花をもう少しはっきり撮れたか・・・。







f2,8。







これはf1,4です。背景は遠いのでそんなに二重になりませんが、

前ボケがすごいことになります・・・。


f2,8という絞りが美味しい境界線かな。

これより小さい絞りで、ボケも二重にならず暴れないで、

輪郭線も解像するレンズは魅力的ですが、お値段は魔力的で・・・。







6D
NEW  FD50mm  f1,4
PR
【2015/06/21 05:35 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>