忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/06 02:20 】 |
KOMURANON MACRO 715 F4,5

最後にもう一本、CanonA1に付けていたレンズがあります。

それがKOMURANON  MACRO  715  です。

80年代に買ったレンズですが、今は聞かないメーカーです。

ネットで調べてみたら、1980年に会社が倒産していました。

当時A1でそれほど使った記憶もないのですが、時代がデジタルに移行し始めたことや、

フィルムが高くつくので、それほど写真を撮ってなかったからかと思います。

ちょっと望遠が欲しかった、でも純正は高くて・・・、ということからの選択だったか。

今回も最後まで使わないでいたのは、あまり期待していなかったからですが、

ところがどっこい、撮ってみたらなんだか一番良いような写真が撮れるじゃあないですか。

ちょっとびっくりしました。

とはいえ素人写真ですので、よくわからないのですが・・・。







715というのは75~150mmのズームレンズということです。マニュアルFですが。

13日は半分にトリミングしたツバキでしたが、150mmで撮るとこんなです。

35mm換算で×1,5とすると、225mmです。フムフム。距離は1,5mくらい。






F4,5だから花全部が落ち着きます。






















後ろのボケがきれいですよね・・・。














離れて撮っていたら(といっても2mくらいですが)、

花の後ろの枝にメジロが飛んできました。

珍しいこともあるものだと。





















もうちょっと寄って。




















1,5mより近くはクローズアップ領域に入ります。48cmまで。

小さな花でもなんとか。














とはいえ50cmも離れています。

マクロレンズではないです。

















































F11までに絞ると、花全体がはっきりしますね。







リングがそれぞれかなり重く出来ています。

慎重にピント合わせが出来ます。速写はとっても無理です。

径が52mmですので、望遠レンズとしては細身です。

長さは15~16,5cm(アダプターも入れて)。細いので長く見えます。

手でレンズを握りやすいですが、リングとしたら太いほうがやりやすいかも。

ゆっくり狙う花の撮影には、とても向いているレンズと思いました。

次に何か買うときに、真っ先に下取りに出すならこれと思っていましたが、

考えを改めました・・・。








PR
【2015/02/16 00:01 】 | 生活
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>