• 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
黄山寿合作の花卉扇面

黄山壽・金心蘭・沙馥の三人合作の扇面です。

バラとハゲイトウとキクを描いています。

『聖筆』の10月号に掲載したものです。











カラーで見てください。










印は「山春」。





徐三庚の刻による印が素晴らしい。










【2016/12/19 00:01 】 | 鑑賞
陸抑非の書画扇面

カササギと思われる鳥がたくさん描かれている扇面です。











カラーで見ないと良く分かりませんね。





カササギかと思います。日本ではあまり見ないです。





よく描かれています。





呉湖帆の書風を受け継いでいます。














【2016/12/16 15:00 】 | 鑑賞
陳摩の扇面

書道研究誌の月刊『聖筆』誌に、「鉄筆漫歩」の題で原稿を書いています。

久しく鑑賞のカテゴリーの記事が増えていませんが、これを載せるのを怠っておりました。

モノクロでの掲載なので、カラーをお見せしたいなあ、とは思っていたのですが。

花の写真の在庫がなくなったので、やっと日の目を見ることになりました・・・。

解説は記事をご覧ください。












カラーで見ると好い配色でしょう。










不鮮明な捺し方ですが、趙古泥らしい良い印です。









【2016/12/08 15:36 】 | 鑑賞
お姫様

また幡野様からお人形をいただきました。

義母が古着を使ってと差し上げたので、その裂を使って作ってくださいました。

顔と手の表情がとても可愛く愛らしいです。

ありがとうございました。







シランの葉陰に置いて撮ってみました。














可愛い顔です。











XE1
XF 60mm F2,4MACRO
【2016/05/27 00:01 】 | 鑑賞
内門律華書展

火曜日19日には、銀座鳩居堂に内門律華書展を観に行きました。

この日が初日。24日の日曜日まで開催です。

相模を3時に終えて向ったので、4時半近くに東京駅地下駐車場に到着。

歩いて銀座に向かいました。







4階が内門律華書展。3階は柴山抱海書展。ともに独立書人団ですね。







専修大学の講師や獨立書人団、毎日展などでご活躍されている先生。

出身大学では入学が同期でした。







2回目の個展。







小品ばかり撮ってしまいましたが、大作も多くありました。

広角のレンズを付けて行けば良かったと反省しています。







小木大法先生の師風をよく受け継いでいます。







案内状にも印刷しているこの作品。良いですねえ。







外に出たらもう5時過ぎ。頑張って帰ります。







このガラスはどういう曲面なんでしょうねえ・・・。







夕方の光が。







モンベルの入っているビルには、植物がたくさん植えられています。

ビル群の都会では癒されます。






















明治屋もきれいにリニューアルされていました。







広角が欲しかった・・・。











XE1
XF 60mm F2,4 MACRO
【2016/04/21 00:01 】 | 鑑賞
| ホーム | 次ページ>>