忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/03 20:50 】 |
中道春陽 「不動」色紙
282bf325.jpeg

不 動

 f2e3498a.jpeg
奥谷九林刻  「中道富印」  5分



 
相模女子大の柿木原紫鈴先生より、師匠である中道春陽先生の色紙を見せていただいた。

もう20年ほども以前の作品だという。もっとも現在は90歳に近いお歳なので、

若書きというわけではない。

書いているうちに造形や線質の世界へ入り込み、夢中の境地に遊ばれている

春陽先生独特の作風がうかがわれて楽しい。

とはいえ「不動」は不動明王の意を込めているのであろうから、

やはりそこには厳しさをも感じる作品である。

用印は奥谷九林の刻だと思う。

熊野の高校での教え子に当たるのが九林先生。さらにその後輩が紫鈴先生。

朴なる刻風だが、なかなかこの味が出せないのが篆刻の難しいところである。





 
PR
【2010/07/31 11:59 】 | 鑑賞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>