忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/05 17:21 】 |
小木太法 半切作品「不立文字」



414a0fc3.jpeg



不立文字






c095283a.jpeg



小木良一  陶印  約一寸







 
「不立文字」とは、禅宗の言葉。

文字を立てず。言葉による伝心ではなく、言葉を超えての経験の中での伝心が重要と説く。

先生は、教えようとはしない、と公言していた。

それこそ後姿を見て学べ、という教育方針であった。

自分の行動、作品を見てくれ、という生き様だったと思う。

あまりにも細かいことを、理論・理屈で説明しないと理解できない自分を反省する。

実践を見せれば良い。・・・そこが難しいのです。

誰にも出来ることじゃあない・・・。

この作品は、板橋の書道美術館に飾られたものを譲っていただいたものだったと思う。




 
9ef7bf54.jpeg










 
PR
【2013/01/20 00:14 】 | 鑑賞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>