忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/05 15:48 】 |
小木太法 小品


e77a6764.jpeg



784b4181.jpeg

山茶花 画軸







3b419fb1.jpeg


陶印  55mm



5c099bd5.jpeg

龍騰鳳翔 印箋軸




 
書道研究誌『聖筆』に載せている「鐵筆漫歩」の2月号の原稿に、小木太法先生とのことを書いた。

何か作品を載せたいと思って、家捜し。

小品ではあるが、ちゃんと軸に仕立てたものがあった。

「山茶花」画は、20センチにも足りない大きさである。

しかしこの使われている墨は、先生自慢の古墨(名は不明)にて、

確かに墨とは、こんなにも美しいものかと思わせるものである。

軸は、私が以前住んでいた三鷹の老舗表具店のおじいさんにお願いして、仕立ててもらったものである。

布ではなく、品のいい和紙を使ってくれ、と頼んだ。

「龍騰鳳翔」印箋の軸は、布仕立て。

大宮の中村律香先生にお願いしたら、古布を調達してくださった。

大作で有名な先生の作品は、とても所蔵できない。

隷楷書の半切一行書き作品を先生から譲っていただいているのが、拙蔵の大作である。

また後に載せることにする。





 
PR
【2013/01/13 23:30 】 | 鑑賞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>