忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/03 20:01 】 |
梅花図柄 猪口




623f79f8.jpeg





3020a7b6.jpeg

 



昨日は春一番が吹いたとか。

気温が14度くらいにもなり、暖かかった。

玄関先で冬を越してきた苺が一輪の白い花を咲かせていた。

今日のほうが文字通りの強風が吹いている。


数年前に新潟の某先生からいただいた猪口。

梅花図柄が大胆で力があり、気に入っている。

裏の署名は「鼎」。

戴いてしばらくしてから、これは木版画家の山本鼎ではないのか、

と興奮していたのだが、確証を得ぬまま時が過ぎていた。

この2月に戸倉上山田温泉に遊んだ帰りに上田に寄り、

やっと城内にある山本鼎記念館を訪ねることができた。

作品やその歩みに感心しながら、また署名の形にも注目して見ていた。

やはりこれは山本鼎の署名だ、となれば良い話なのだが、

実際には、違うな、という思いが強くなるばかりであった。

残念な話ではあるが、積年の霧が晴れて、気持ちの良い帰路であった。


九谷焼の作家に鼎という人がおられるのかもしれない。

まだそこまで調べていないところである。






 
e8bedd72.jpeg








 
PR
【2013/03/02 11:13 】 | 鑑賞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>