忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/05 16:58 】 |
犬養木堂 書簡と住所印

犬養毅の書簡です。

昭和七年の5・15事変で、右翼青年将校の凶弾によって非業の死を遂げた政治家。

憲政の神とうたわれた大政治家であるが、書の名手としても近代政治家中の白眉である。

古墨の蒐集家としても有名であった。







  しゃれた軸に仕立ててくれました。








                                              今日古硯御持来、一覧致候。

                                              是ハ老生等尓ハむかぬもの也。

                                              十一月二十日夜  木叟。

                                              春雷雅契。

                                              硯墨ハイツ頃ハ御返却

                                              出来るや。


               


末二行の「イツ頃ハ」の「ハ」がよく意味が取れないのだが、

あなたに(杖田氏)に貸した硯墨はいつ返却してくれるか、という問いであろうか。








封面裏に住所印が捺してある。







石井雙石の刻によるものである。

河井荃廬が六朝文字を住所印に取り込んで以来、日中で流行した刻風。






石井雙石『篆刻指南』中に鮮明な図版があるので借りる。








若い時に木堂の書に惹かれ、また住所印の資料になるものと思い、求めたものである。














PR
【2014/09/16 00:01 】 | 鑑賞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>