忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/06 00:33 】 |
磯部草丘色紙
41806573.jpeg



fb12c457.jpeg
5分


 
 先日に三味庵・内田心根先生より、磯部草丘色紙作品を頂戴した。

草丘は伊勢崎の出身ということをこの地に越して来てから知って、興味を覚えた。

また100顆近い自用印の大半を、山田正平が刻していることも興味深い。

この色紙にも正平印が使われている。

上に置いた印はこの色紙のものだが、少し不鮮明なので

宮澤昇著『印人・山田正平の人と芸術』より印影をお借りして、下に置いた。

側款から昭和17年の刻と知れるが、漢詩文中の「聖戦は将に第二春を迎えんとす」

とも合致する。19年に出兵するようだが、「逸民」ではなく「神州男子」たらんとした

草丘の気概がうかがわれる。


聖戦将迎第二春  静撫長鋏状知新

故思南海反攻急  何怖北溟蠢動頻

皇国蒼生皆戦士  殉忠獨不九軍神

一刀一管嶊英米  莫道盡人是逸民

    年頭有感  草丘「神州男子」
PR
【2010/06/13 00:11 】 | 鑑賞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>