忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/06 00:49 】 |
華蔵寺公園の二つの石碑

公園の中にはたくさん石碑があるのですが、

松林の中に「伊勢崎招魂碑」と「烏洲金井先生碑」があって、撮ってきました。







松林の山の北側斜面にあります。高さは120cmくらい。







篆額「伊勢崎招魂碑」







「西南の役」で殉死した伊勢崎からの兵士達を祀り、

後世に伝えるために建てられた、とあります。

当時の群馬県令が、今NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で大沢たかお演ずる

小田村伊之助、のちの楫取素彦(かとりもとひこ)でした。

楫取の姓は、新しい世に楫(かじ)を取る、ということでつけられたようです。






文章の末尾に、「楫取素彦撰文、金井之恭書」とあります。

私は之恭(ゆきやす、しきょう)の書のファンですので、

この石碑は大事にしていただきたいです。

刻したのは、谷中の名工「廣群鶴」( 廣瀬群鶴)です。

群馬県庁の北側、高浜公園内にある「楫取素彦功徳碑」も金井之恭の書で、

良いものです。






こちらは「烏洲金井先生碑」です。4メートル近くもある高さで、大きな碑です。

招魂碑とは山の反対側、華蔵寺側の南斜面にあります。







木の枝が邪魔ですね。







一行目。







金井烏洲(うじゅう)は江戸末期の画家として有名です。

2行目に見えるように、佐位郡(境町、今は伊勢崎市)の島村の人でした。

三男が金井之恭です。








建碑は昭和四年とあります。







文章と書は、澁澤栄一によるものです。







澁澤栄一は深谷の出身。書の名手でもありました。









※「伊勢崎招魂碑」の拓本がありますので、載せておきます。




























篆額の文字は「参議兼陸軍卿陸軍中将正四位勲一等  大山巌」によるもの。







明治十五年秋の撰文。







楫取素彦・金井之恭の位が分かる部分。










PR
【2015/01/10 00:01 】 | 鑑賞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>